次回の放送:2020年10月3日 夕方5:30~6:00放送

「DAY&NIGHTで楽しむ 秋のライトゲームin大分」

今回は手軽で楽しいライトゲームを紹介する。
ライトゲームとはアジやメバル、カサゴといった比較的小さい魚を手軽なタックルと小型のルアーで狙う釣りのこと。
堤防や港など身近なフィールドで楽しめるのも魅力の一つだ。

舞台となるのは九州の東に位置する大分県。
九州と四国との間を流れる豊後水道の影響で魚種が豊富なエリアだ。
アングラーは、大分在住の岩崎林太郎。
卓越したテクニックを持つ、この釣りのエキスパート。
普段は大分で遊漁船の船長をしながら、釣りユーチューバーとして
動画配信をするなどマルチに活動している実力派ルアーマンだ。

そして、福岡在住の釣りガール、
田上みずほ。大きい魚を釣るのが好きだと言う田上。
主にオフショアのジギングやキャスティングの釣行が多く、
ライトゲームの経験はほとんどないという。
「普段しない釣りなので、何が釣れるのかわからない。」
という田上に対し「ライトゲームは、大は小を兼ねるの逆。
“小は大を兼ねる”いろんな魚が全部釣れる。」と岩崎。
その言葉を聞いて田上は目を輝かせる。
釣る前からテンションは最高潮!

まずは大分県佐伯市の堤防から釣り始める。
ビギナーの田上に岩崎が軽いルアーの扱い方をレクチャー。
すると田上はメキメキと上達。
カサゴやメバル、ヒラメなど次々とキャッチしていく。
そして岩崎も、アジ、マダイ、カサゴ、メバルなどヒットを連発。
小さな魚でもライトタックルならスリリングなやり取りが味わえる。
これが面白いのだと岩崎は言う。
そして2人は時間を忘れ、朝から晩まで、多種多様な魚とのやり取りを楽しむ。

手軽なタックルで気軽に楽しめるライトゲーム!
様々な魚とのやり取りは見応え十分!
どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
大分県佐伯市・臼杵市
取材地連絡先
なし