2020年10月22日(木)『映画 ひとくず』

今週月曜日、
やさしいニュースで紹介した
映画「ひとくず」
児童虐待をテーマにした作品です。

目を覆いたくなるような
現実が取り上げられていて、
それは作品のために
大げさに表現されたものではありません。
ニュースなどで
問題を伝える立場として、
改めて気付かされ、
胸が痛くなるシーンもありました。

ただ不思議な映画でした。
不意に心を揺さぶられ
前触れなく、スーっと涙が流れました。
それは悲しさからくる涙ではなく
心が温まる涙でした。

ミラノやロンドンでの映画祭で
数々の賞を受賞したこの作品。
監督で主演も務められた
上西雄大さんによると
「beautiful film(美しい映画だ!)」
と、声をかけてもらったそうです。
美しい景色や映像は
全くないのになぁと
上西さん頭をかいていらっしゃいましたが、
残酷な問題と真剣に向き合って
人間の良心や人との絆を信じて
丁寧に描かれたことが
国境を越えて伝わったのでしょうか。

作品には
子役さんたちも登場しますが、
撮影中は
その子ども達に虐待のシーンで
擬似体験をさせないように
徹底して配慮をされたとのことです。

また、
緊張と緩和がもたらすのでしょうか
思わずクスッとしてしまう場面も
散りばめられていて、
人間味溢れる作品だと感じました。

上西さんは
虐待を防ぐには社会の関心が必要だと
話します。
この映画が誰かを助ける入り口になればと、私も願います。

上西雄大さんへの
インタビューなどの様子は
こちらやさしいニュース
ホームページからご覧頂けます。

上西さん、
インタビューに丁寧に応えて頂き
ありがとうございました!



2020年10月19日(月)『フクタニ、行きまーす!』

やさしいニュース月曜日、
「匠と巧」のコーナー。
いわゆる職人技をご紹介することが
多いのですが、
今回は人型ロボットが登場します。

人とロボットとの
一体感を生み出す技術を
取材致しました。



実際にロボットを
操縦させて頂きましたが、
まさに一体となる感覚。
彼の腕は私の腕で、
彼の視界は私の視界になるのです!
なんとも不思議でして…
私の根っからの文系頭脳では
理解し得ない職人技ですから
文章では全く説明できません!(笑)

どうぞ今日のやさしいニュース
お楽しみください。


2020年10月15日(木)『食欲の秋』

何をするにも気持ちの良い季節。
ここ数年ハマっている
バーベキューを楽しんでおります。




炭火で焼くだけなのに
なぜこんなに美味しいのでしょう!
お日さまの下で飲むビールは
なぜこんなに美味しいのでしょう!
(これが1番の醍醐味か?笑)

私は木炭を色々試してみたり、
妻は味付けに変化をつけてみたり、
子ども達は食べられるお肉が増えたり、
シーズン毎に前に進んでいる気がします!

家族のみでワイワイしておりますが
早く友達などと一緒に
楽しめる日が来ますように…
その日まで
BBQのレベルアップあるのみです!

この秋、
あと1度は楽しもうと企てております。