これまでの放送:2014年7月12日

「進化する投げ釣り キャスティズム 新島の巨大ハマフエフキ」

 ソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海のキャスティズム釣行。今回は、投げ釣り最大級のターゲット、ハマフエフキに挑む!舞台となるのは、伊豆七島の一つ、東京都・新島。
 初日、フェリーで新島に上陸した村越は、さっそく午後から実釣開始。今回は、キャスティズム初の大物狙いということもあり、念入りに仕掛けを準備する村越。エサはイカやユムシなど、複数用意した中から、まずはイイダコ、イワガニを選択。仕掛けを投入し、アタリを待つ。しかし、いくら待っても反応がない。そこで、仕切り直して夜釣りに挑戦することに。用意してきたエサを次々と付け替え、反応があるエサを探って行く。しばらく待つと、イカを付けた竿に反応が。引き上げると、エサが取られてしまっていた。初の反応に期待が膨らむ村越は、再びイカを投入し、アタリを待つ。すると、海中に引き込まれるような大きなアタリが!早合わせせず、食い込むまでじっくりと待つ。そして、合わせが決まると、勢いよくラインが飛び出して行く!慎重に魚との距離を縮めていく村越。激闘の末に上がって来たのは、なんと7kgを越える超大物だった!さらに、これだけでは終わらず、その後も釣果を上げ続け、本命連発!?これは必見です!
場所/ポイント
東京都・新島村
取材地連絡先
なし
  •  
  •  
  •  
  •  
  •