これまでの放送:2017年10月7日

「秋アオリを堪能!能登のエギングゲーム」

朝夕がめっきりと涼しくなり、秋の気配が漂い始めると
アオリイカが顔を見せる。

波止や磯場などで手軽に楽しめるエギングゲームがシーズンを迎える。

秋のアオリイカは型は小さいが、
数が多く警戒心が薄いため数釣りが楽しめる。

エギングを始めるにはうってつけの季節だ。
今回の舞台は、石川県能登半島。
能登半島の特徴は、東西でそのロケーションがまったく異なることだ。

冬の荒波に削られ、雄々しい磯が連なる男性的な西岸を能登外浦(そとうら)、
穏やかな富山湾に面する女性的な東岸を能登内浦(うちうら)と呼ぶ。

アングラーは、石川県在住で能登半島をホームグラウンドとしている福島芳宏。
そして、奈良県在住の野村 珠弥。

まず2人は、内浦エリアの堤防で竿を出すことに。

すると、野村が2投目でヒット!
約20cmのアオリイカ、この時期では良型だ。

「イエーイ!さすが日本海!」と、
野村のテンションはいきなりMAXに。

一方、福島は警戒心の薄い小イカを相手に
浅場でサイトフィッシングを楽しむ。

堤防や浅場を中心に
エントリーしやすいポイントでの秋のエギングゲーム。

どうぞお楽しみに。

場所/ポイント
石川県能登半島
取材地連絡先
なし