これまでの放送:2014年11月1日

「超ド級の手応え!野鯉釣りin西湖」

  •       
  •       
  •      
  •      
  •       
  •       
  •       
  •       
  •       
  •       
  •        
富士五湖の一つ、西湖。
ブラックバスやヘラブナ、ヒメマス釣りなどの様々な釣りが楽しめるが、
この湖の一番の大物といえばカープ、つまり鯉だろう。
ここに訪れたアングラーは、福安佳秀。
日本人として初めてヨーロッパで開催される
カープフィッシングの世界大会に出場するなど、
ヨーロピアンスタイルカープフィッシングの日本第一人者だ。
ヨーロピアンスタイルとは、ボイリーという小さなボール状のエサを
専用の仕掛けに付けて使用する釣り方。色や味など、様々な種類があり、
状況に合わせて使い分けることで、より戦略的な釣りを楽しむことが出来る。
今回は秋から冬にかけて水温が低くなる時期。
活性が低くなってきた鯉に食わせるため、福安が選んだボイリーとは?
初日、まずは仕掛けを水深10mの位置に投入し、
アタリを知らせるアラームをじっと待つ。
1時間アタリがなければ、仕掛けをさらに深いタナへ投入。
西湖のカープフィッシングでは鯉がいるタナを探ることが
最も重要だと福安は言う。
すると、水深13m付近で最初のアタリが出た。
釣り上げたのは西湖のアベレージサイズだという80cmオーバーのカープ。
ようやくヒットパターンを掴んだ。
そして、同じタナに同じ仕掛けを投入すると、すぐにバイトアラームが鳴り響く!
竿ごと湖に引き込まれそうになるほどの強烈な引き!
果たして、大型のカープを釣り上げることは出来るのか!?
場所/ポイント
山梨県・西湖
取材地連絡先
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •