これまでの放送:2014年11月8日

「能登半島を駆け巡る 秋のエギング」

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
エギングとは日本のイカ専用伝統ルアー、
餌木を使いアオリイカなどのイカ類を狙うルアーゲーム。
この釣りに必要な物は、ロッド、リール、それにこの餌木のみ。
必要な道具も少なく、初心者でも気軽に始めることが出来る。
さらに、この秋は、年に2回のエギングのベストシーズン!
春は、水温の上昇とともに、浅場に大型のアオリイカが集まる為、
大型に期待が持てる。
そして秋は、夏に産まれた子イカが活発にエサを追う。
そのため、数釣りを楽しむことが出来る。
まさに、エギングを始めるにはうってつけのシーズンという訳だ。
今回の舞台は、能登半島。
ここは、アオリイカのエギングの好フィールドとして、
近年、多くのアングラーから注目を集めている場所だ。
訪れたアングラーは、“ヤマラッピ”の愛称でおなじみ、
エギング界のカリスマ・山田ヒロヒトと、
エギング界のアイドル“たまちゃん”こと野村珠弥。
実釣開始。最初二人が入ったポイントで、キャストすると、いきなりイカがヒット。
能登半島のポテンシャルを垣間見た二人だが、その後、強風、そして、
前日までの雨による海の濁りが酷く、ポイント選びに苦戦を強いられてしまう。
二日目、強風を避けるため、風裏を探し移動をし続け、
ようやく見つけたポイントでキャストを繰り返す。
すると、次第にイカが釣れ始めた!そして、このあと爆釣が?
場所/ポイント
石川県・能登半島
取材地連絡先
  •   
  •   
  •   
  •