これまでの放送:2015年8月1日

「水中まる見え!鮎釣り大分解」

石に付いた苔を食む鮎。
エサ場となる石にナワバリを持ち、他の鮎が侵入すると体当たりして追い払う。
そんな習性を逆手に取り、オトリ鮎で野鮎を掛けるのが、鮎の友釣りだ。
陸の上の釣り人は目印の動きや手元に伝わる竿の感度で、
水中のオトリ鮎の状態を把握する。
前アタリ(オトリが野鮎に追われている状態)
本アタリ(針掛かり)など。では実際に水中はどういうふうになっているのか。
今回は、カメラを水の中に沈めて友釣りのメカニズムに迫る。
アングラーは日本最大規模の鮎釣りトーナメント“鮎マスターズ”を
過去2回制している名手・瀬田匡志と、7年前から鮎釣りにはまっているという
SFAの松田拓也。長い鮎竿を1.5mのタナゴ竿に持ち替えて、潜りながら釣り、
水中の様子を目で確認する。浅くて緩い流れの中に鮎が溜まっていた。
そこにオトリを送るも、鮎は無反応。こうした鮎は群れ鮎と言い、
ナワバリを持つほど成長していない。次は瀬肩と呼ばれる瀬が始まるポイント。
先にカメラを沈めてみると、苔のついた石の周りを泳ぐナワバリ鮎がいた。
瀬田と松田が潜ってオトリを送ると、
ナワバリ鮎は口を開け背びれを立てて威嚇のポーズ。
そしてオトリの周りをぐるぐる回って、体当たり。針掛かりする。
水中の様子を目に焼き付けた後は実釣。
松田は入れ掛かり。「少しは腕が上がったかも」と上機嫌。
友釣り師が見たくてしょうがない、でも中々見られない禁断の水中映像を大公開。
どうぞお楽しみに!
場所/ポイント
岐阜県・益田川
取材地連絡先
益田川上流漁業協同組合
TEL:0577-52-2257