これまでの放送:2016年11月5日

「紅葉映える自然湖で晩秋のへらぶな釣り」

一本のウキの動きに一喜一憂。
日本生まれのゲームフィッシング、ヘラブナ釣り。
今回は生井澤聡が雄大な自然の中、ヘラブナとの対話を楽しむ。

場所は、八ヶ岳の麓にたたずみ、
昭和初期からヘラブナ釣りが行われてきた長野県、松原湖。

当日は紅葉真っ只中の最高のシチュエーション。
最初のポイントでは、宙釣りからスタート。

まずはエサを打ち、ヘラブナを寄せる。
何回かエサを打つとウキに反応が。
ヘラブナが集まってきたようだ。

ウキが引き込まれると、寸分のズレもなく生井澤は鋭くあわせを決めた。
竿が曲線を描き、上がってきたのは美しいヘラブナ。
その姿に生井澤も満足。

その後も次々と掛けていき、
深紅の竿が水面に映る紅葉の中で弧を描く。

宙釣りを十分に楽しんだ後は、底釣りに変更。
同じ魚を釣るとはいえ、一味違うウキの動きが楽しめる。

そして、21尺の長竿を大きくしならせて深場から引き上げた魚も、
また美しい魚ばかり。

自然溢れる湖でのヘラブナ釣り。
どうぞ、お楽しみに

場所/ポイント
長野県・松原湖
取材地連絡先
リゾートイン立花屋
TEL:0267-93-2201