2020年1月17日(金)『あの日から25年』

6434人の命を奪い、
3人が行方不明となった
阪神淡路大震災からきょうで25年。
(神戸市発表)
地震が発生した午前5時46分には、
亡くなった方をしのび、
黙祷が捧げられました。

みなさんにお話を伺うと、
「当時を思い出すから本当は来たくない。
だけど、一年に一度、この場所だから
亡くなった家族に会えるんじゃないかと思い、勇気を持って来た」 (80代)

「25年はあっという間。
当時8歳だったけど、亡くなった父のことは
今でも鮮明に覚えているし、きょうは花を手向けに来た」 (30代)

「初めて追悼行事に出席して、みなさんの表情を見て、思いを聞いて。これまでこの街に住んでいて知らなかったことを恥ずかしく思う。しっかり私たちが伝えていきたい」 (高校生)

震災から25年。四半世紀と言えば、
長い年月に聞こえますが、
当時の事を涙ながらに話す姿から
改めて、
阪神淡路大震災は、過去のことではない。私たち若い世代が、
震災や、その教訓を学び
伝えていかなければならないと感じました。

きょうの
やさしいニュースでは、
25年を迎えたきょう1日の動きや
神戸市で行われている追悼行事の
会場から中継でお伝えします。
どうぞご覧ください


2020年1月15日(水)『まもなく阪神淡路大震災から25年』

先週、震災から25年を迎えるのを前に、
神戸市にある人と防災未来センターで行われた行事に参加しました。
集まっていたのは、震災を経験していない
いわゆる「未災者」の中学生や高校生、大学生ら。
阪神淡路大震災や東日本大震災について学び、
その教訓をどう生かすか発表していました。

・地域住民や福祉協議会を巻き込んで避難所の開設訓練をしたという中学生。

・東日本大震災で被災した福島の高校と連携し、
災害や防災についての新聞記事を作成する高校生。

・災害の時に必要な判断、行動を学べるボードゲームを製作し、
地域の子どもたちに伝える高専生。

一生懸命報告する姿は、心動かされるものがありました。



去年のこの時期にも、少し触れましたが、
震災当時、私は6歳で、断片的な記憶はあるものの、
被害の大きさを知ったのは、それより大きくなってから。
そういう意味では、私もみなさんと同じ「未災者」です。

近い将来起こりうる南海トラフ巨大地震を始め、
大きな災害が起こった時、
少しでも被害を小さくするために自分に何が出来るのか。

「未災者」だからこそ大震災を知り、さらに「未災者」に伝え繋いでいくこと。
25年という歳月が経過するこれからは
一層大切にしなければいけないと感じました。

もちろん起こらないにこしたことありませんが、
災害報道についても、
しっかり伝えられるように日頃から備えていきます。

2020年1月8日(水)『人生初のアレやっちゃいました…』

令和になって初めての年末年始。
みなさんは、どのように過ごしましたか?
私はというと…

完全な「寝正月」でした。

だらしないな…と思った方。
違うんです。。。

人生で初めて「ぎっくり腰」になったんです。

昔から話には聞いていて、
「そんなに?」
「大袈裟なのでは…」と思っていましたが、大間違いでした。

歩くのはもちろん、座ること、立つこと。
また、寝転ぶことも辛かったです。

安静にし、今は大分回復したので、
2020年は心機一転。
目標にしているダイエットをはじめ、
健康管理に一層気を配っていきます。

最後に…
少しでも腰に違和感を覚えた方は
早めに医療機関を受診してください。
突然、腰が抜ける恐れがあります(笑)

きょうは、私と坂本アナにとっては
2020年最初の「やさしいニュース
気合入れて臨みます!