水戸黄門

毎週月~金曜 午後2:53~4:40人気シリーズ一挙放送

これまでの放送

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
12月12日(木)

第1086話 日本晴れ水戸街道・水戸
第1087話 密命おびた逃亡者・水戸

<第1086話>
国元常陸に近づいた土浦で、黄門さまの山野辺兵庫へ宛てた短冊を届ける為に一行を離れた格之進が潮来で仇と人違いされた。聞けば逆恨みで夫を闇討ちされた武士の妻とその若党で死を覚悟の仇討ち旅。黄門さま一行が助太刀して見事本懐を遂げさせて、無事に帰った西山荘でいよいよ助三郎、志乃の祝言を迎える。目出度い梅の春の門出。

<第1087話>
弥七が西山荘に向かう途中、刺客に斬られた若侍を助けた。一方、西山荘では盆踊りの娘達にまぎれ込んだ不審な娘。その二人が出羽庄内藩の危機を黄門さまに直訴。襲いかかる刺客達を倒して大張り切りの黄門さま。妻と冷戦中の助三郎と格之進、弥七、八兵衛、おなじみの顔ぶれに庄内から来た若い娘・お美代を加えて世直し旅。

12月11日(水)

第1084話 襲われた中馬街道・韮崎
第1085話 白いお髭の千里眼・八王子

<第1084話>
甲州、韮崎の問屋場で、荷運びの中馬が黄門さま一行の目前で襲われた。ただの野盗の仕業ではなく、裏に訳有りと見抜いた黄門さまに、何故か口を閉ざす中馬問屋の人々。実は、中馬問屋の主人が病身で娘一人なのを幸いに、荷運び馬の利権を一人占めしようという伝馬の悪親玉と代官の陰謀が…富士の霊峰を背に黄門さまが悪を懲らしめる。

<第1085話>
武州八王子で泊った宿の主人がまたとない縁起かつぎ。神々のお告げで仲を裂かれた娘が、許婚者の男と危うく心中のところを助けた黄門さま、日本一の占い師に化けると、あら不思議―ひとりでに徳利が動き出す。横車を押した代官が娘と婚礼の席上で、か弱い花嫁が突然変身。代官一味をとっちめる。悪者一味はてんてこ舞い。

12月10日(火)

第1082話 赤い財布の恩返し・馬籠
第1083話 めざす敵はお殿様・高遠

<第1082話>
木曾の山越えで足を痛めた志乃を乗せた女馬子に、馬子達を使ってひどいいやがらせを仕掛ける悪問屋の親分。その裏に腹を合わせる役人とともに、女主人が取り仕切る生糸問屋乗っ取りのたくらみ。女主人のぐれた義理の弟をまんまとワナにはめたが、その弟を助けた渡世人が胸に秘めた十年前の恩返し。木曾馬籠の宿の大活躍。

<第1083話>
山国信州の高遠で、いで湯をめざす黄門さま。一行が途中で助けた女が一夜で消えてしまった。湯宿で働く娘の唄にのんびり保養もつかの間、藩主が留守を幸いに悪計めぐらす国家老一味を父の仇と狙う姉妹の危うい所を救い出す。黄門さまの一計にまんまと誘い出された悪者ども。黄門さま一行と殿の面前で、姉妹が見事仇討ちを遂げる。

12月09日(月)

第1080話 名工二代志野茶碗・多治見
第1081話 じゃじゃ馬娘はお医者様・岩村

<第1080話>
黄門さまが、かねてより念願の名高い志野焼を賞翫したいと多治見をたずねたが、名工の主人は将軍献上の茶碗作りに苦心惨憺。おりから勘当された一人息子が弥七に助けられたが、父親は頑固一徹。しかし、裏に悪代官のたくらみを知った黄門さまが、許婚の娘の真心とともに親子の情を呼びさまして、見事な名器を世におくり出す。

<第1081話>
美濃国・岩村で出会った馬上の娘はジャジャ馬ならぬ女医者。父娘共々評判の高い親娘医者。その親娘に仕掛ける代官と藩のヤブ御典医の悪だくみ。家老の息子の無法な横恋慕に許婚者が無惨にも殺された。悲しい恨みが紅蓮の炎の如く燃えたぎる。捨ててはおけぬと黄門さま悪者共をきりきり舞い。親娘の暗雲を追い払ってやる。

12月06日(金)

第1078話 八兵衛うっかり若旦那・大垣
第1079話 恋しき人の琴・犬山

<第1078話>
大垣城下で八兵衛が呉服問屋の娘の危難を救おうと柄にもなくいきがったのが運のつき。越後の縮緬問屋の若旦那と間違われて、藩の接待で大盤振る舞いのもてなし。娘を奪い、店をのっとろうという商売敵の黒いたくらみ。そこへとうとう越後から本物の縮緬問屋が現われたから一騒動まき起こる。黄門さまここ一番の腕の見せ所。

<第1079話>
木曾川下りで名高い尾張国犬山で、とある山頂にひとり琴をひく盲目の女。行方知れない夫の帰りを待ちわびる妻の耳に聞こえてきたのは、正しく夫の吹く尺八。木曾の御用木をめぐって悪巧み、横流しする悪者達のワナにかけられた夫婦の悲運を知って、怒りに燃える黄門さま。夫婦が奏でる愛の調べが月明の木曾に冴えわたる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>